りんくうメディカルクリニック RINKU MEDICAL CLINIC

TOP > 再生医療(幹細胞治療)

再生医療(幹細胞治療)

人が本来持っている治癒力を利用した治療

幹細胞とは

私たち人間は、最初1個の受精卵からはじまり、それが37兆個に増殖し、神経や血液、筋肉といった270種類もの細胞にわかれていきます。そしてこれらの細胞がそれぞれの働きを担ってくれていることで、生命が維持されていきます。この過程でいろいろな種類の細胞にわかれることのできる細胞のことを幹細胞といいます。

幹細胞の働き

私たちは体が傷ついたときに、自然とその傷を修復することができます。それに関係しているのが幹細胞です。幹細胞は、傷ついた組織を修復・再生させ、機能を回復させる能力を持もちます。 また幹細胞の分泌物には、サイトカインやエクソソームといわれる物質が豊富に含まれており、この分泌成分を利用して、組織修復やアンチエイジング治療などが幅広く行われています。 生活していると日常的に病気にかかったり、けがをしたりしますが、そこで損傷した部分を癒し、回復させるのに重要な細胞が幹細胞という事になります。

幹細胞の治療への応用

組織の修復(皮膚や筋肉、神経、内臓組織など)を通じて、痛みの回復や、糖尿病、神経疾患(ALSやパーキンソン)、自己免疫疾患、アンチエイジング効果など、数多くの効果が報告されています。

幹細胞のホーミング効果

傷ついた組織は、SOSサインのような信号を出して、体内の幹細胞を呼び寄せることができます。このように幹細胞が損傷した部位に集まる仕組みをホーミング効果といいます。 幹細胞治療とは、患者様の組織から幹細胞を増殖させ、それを体内に戻す治療となります。体内では損傷した組織がSOSを発し、幹細胞を集めて回復させようと奮闘しています。体内に入った幹細胞は、SOS信号を聞きつけ、損傷組織に強力な応援部隊として駆け付けます。これがホーミング効果を利用した幹細胞治療の仕組みです。

幹細胞治療について

患者様の脂肪の中に存在する幹細胞を培養させ、その幹細胞を点滴で投与し、体内で生着させる治療です。培養上清と比較し、分泌される有効因子の長期的な効果が期待できます。ご本人様の細胞を用いるため、未知の感染症などへのリスクが低く、安全性の高い治療となります。
(第二種再生医療等提供計画番号:PB5220009、 適応疾患:慢性疼痛)

治療の流れ

STEP-1 カウンセリング医師やスタッフが治療について具体的に説明いたします。

STEP-2 脂肪採取日主に腹部などの脂肪組織を採取いたします。少量の脂肪採取で、最大数の幹細胞が得られるように、LIPOLIFE(ライポライフ)というレーザー吸引機器を用います。 そのため採取した組織内の幹細胞を傷つけることなく培養に利用でき、採取量も最低で10mL分でも可能です。また採取量を減らすことで、患者様本人の創部の痛みや出血、ダウンタイムも最小限にできます。

STEP-3 幹細胞の培養組織を採取したのち、クリニック併設の細胞培養加工センター(CPC)ですぐに細胞培養にとりかかります。細胞の生存率が高い状態で培養できるため、3週間程度で点滴投与一回分の1億細胞まで培養できます。

STEP-4 点滴投与幹細胞を1時間前後の点滴でゆっくり体内にもどしていきます。当院では、完成した幹細胞を併設の培養施設から生の状態で運びますので、凍結保管した幹細胞よりも生存率が高く、元気な状態のものを投与できます。

STEP-5 診察点滴後は症状経過を1、3、6か月後に診察(オンラインなど)させていただきます。複数回投与される方は、次回の予約についてお話しさせていただきます。

注意点

・脂肪を採取した時点で治療費(培養費)が発生するため、脂肪採取日までに治療費をお振込みいただきます。
・当院では投与用の幹細胞を凍結せず生の状態で保管しているため、点滴日の変更が直前の場合は、幹細胞を破棄することもございます。また、その場合は治療費(培養費)をお返しできませんのでご了承ください。

LIPOLIFE(ライポライフ)

幹細胞採取のための、レーザー式脂肪採取機器です。脂肪採取機器先進国のイスラエルで製造され、米国FDAの認可がとれた最新機器を導入しております。一般の美容クリニックでの脂肪吸引などよりも、愛護的手技で生存率の高い状態の幹細胞を採取できる機器です。また脂肪組織だけでなく周囲の皮膚や筋肉などを傷つける危険性を低減できます。術後の痛みも少なく、ダウンタイムもほとんどありません。

りんくうメディカルクリニック院長の小村医師と、京都御池メディカルクリニック院長の村西医師は、この機器の国際的な研修施設での講習を受講し、認定を受けておりますのでご安心ください。 


細胞培養加工センター(CPC)

基準を満たした培養機器を揃え、専属の培養士と医師で細胞を管理しています。クリニックに直結しているため、新鮮な状態で培養が開始でき、また細胞の生存率が高く、質の良い状態で点滴ができます※1。他の施設のCPCで培養して投与するのとは異なり、輸送時のストレスがなく消耗が少ないため、効果がより期待できます。 (施設登録番号FC5190068)


※1 幹細胞のエネルギー活動レベルを測定したグラフ
検体①:解凍直後の凍結保管した細胞、検体②:凍結保管した細胞を再度培養した細胞。検体②の方が細胞のエネルギー活動が活発であることを示している。

脂肪採取~投与までのイメージ

<脂肪採取>

きれいな空気が流れる専用の処置室にて採取を行います。
LIPOLIFE で採取した脂肪は血液の混入が少なく、黄色を呈しています。

<培養>

①脂肪組織は同じフロアにある培養施設にすぐに移送されます。培養に使用する資材や検体は、入念に滅菌しながら、専用の道(パスボックス)を通って、培養室まで運ばれます。

②操作は安全キャビネットと呼ばれる最も空気のきれいな無菌エリアで行います。そこで、専属の培養士が異物混入の無いよう、慎重に培養の操作を行います。患者様に安心できるものを提供するため、培養士は専門の研修を行っています。

③培養中は患者様の細胞が他の患者様のものと取り違えが無いように、専用の検体識別システムで管理しています。また、2名体制でダブルチェックできる体制も整えています。要所では必ずチェックいたしますのでご安心ください。

④インキュベーターと呼ばれる専用機器内で細胞を増殖させます。温度や湿度などが一定に保たれるよう管理されています。

⑤継代(増えた幹細胞を新しい培養器に植えつぐこと)するときには、細胞の形、大きさなど幹細胞に異常が無いかをチェックしています。

⑥すぐに治療に使用しない幹細胞は、液体窒素の中で保管します。このタンクの中では-170℃より低い状態が保たれているため、細胞を安定して保管することができます。

⑦患者様の幹細胞を培養した際には、品質や安全に問題ないかを必ず確かめています。下の図は培養した細胞が幹細胞であるかを証明する検査の結果です。
(表面マーカーであるCD73、CD90、CD105がすべて陽性であることを確認しています)

<投与>

ゆっくりと時間をかけて幹細胞を投与します。
投与中に少しでも気になる点がございましたら、すぐに看護師にお申し付けください。

リスク・副作用

危険性としては、脂肪採取の際に患者様の腹部または太ももの切開に伴い出血、血腫、縫合不全、感染等が出ることがあります。また細胞投与については、拒絶反応の心配はありませんが、投与後に発熱、まれに嘔吐、注入箇所の腫脹が出ることがあります。その他に、重大な副作用として過去に本治療との因果関係は不明ですが、1例の肺塞栓症が報告されています。しかしそれ以降は報告されておりません。

国内の承認医薬品等の有無の明示

自己の脂肪組織を用いる治療のため、使用できる他の国内承認医薬品はありません。しかし、第二種再生医療等提供計画番号:PB5220009に基づき治療を実施します。

諸外国における安全性等に係る情報の明示

・E Russell Vickers et al., A preliminary report on stem cell therapy for neuropathic pain in humans. Journal of Pain Research, 2014:7 255–263
・Ralph Bright et al., Migraine and tension-type headache treated with stromal vascular fraction: a case series. Journal of Medical Case Reports 2014, 8:237
・Sudabeh Alatab et al., Systemic Infusion of Autologous Adipose Tissue-Derived Mesenchymal Stem Cells in Peritoneal Dialysis Patients: Feasibility and Safety. Cell J, Vol 20, No 4, Jan-Mar (Winter) 2019

幹細胞貯蓄という考え方について

幹細胞治療は多くの効果が期待されています。しかし、他人の幹細胞を投与する事はできず、基本的にはご本人の幹細胞のみが投与できます。ではいざ大けがをしてしまった後に、この治療を受けようと思った場合はどうなるでしょうか?体調不良の状態であるにもかかわらず、麻酔を使用し脂肪吸引を行うという治療の流れは、少なからず、さらなるリスクを負う事が想像されます。また、未来には現在よりも年をとり、必然的に得られる幹細胞の数も減少してしまいます。
幹細胞貯蓄とは、元気なときに少しでも若い状態の幹細胞を採取しておき、将来に備えておこうという提案です。この治療は当院で採取し、当院で培養保存する細胞培養センターを備えているからこそできる考え方です。

治療の流れ

採取した脂肪の中から幹細胞を抽出し、一定の量まで培養して増やします。得られた幹細胞を複数の保存容器に小分けし、必要時まで凍結保存いたします。

幹細胞を利用したもう一つの治療メニューについて

幹細胞培養上清治療

健康な日本人女性からいただいた組織から幹細胞を培養し、その分泌した成分を利用した治療です。他人由来のものですが、脂肪、歯髄、臍帯など様々な組織から分離したものを用意しております。患者様の症状にあわせて、由来組織や投与の方法(点滴、点鼻、皮下注射)をおすすめいたします。受診当日に投与でき、その後の入浴や活動に制限はありません。
※幹細胞培養上清はりんくうメディカルクリニック併設のCPCで作製しています。

適応する症状の種類

糖尿病、慢性の肝疾患および腎疾患、脂質異常症、心臓病、慢性疼痛症候群、アレルギー/湿疹、スポーツにおける能力向上、多発神経障害、線維筋痛、リウマチ、高血圧、耳鳴り、黄斑変性、CFS(慢性疲労症候群)、偏頭痛、めまい、うつ病、皮膚の活性化

詳しくは当院の幹細胞培養上清のページをご覧ください。

TOP