りんくうメディカルクリニック RINKU MEDICAL CLINIC

TOP > コラム > いつまでも若々しく そして長生き

いつまでも若々しく そして長生き

 2021年、100歳以上の日本人が86510人となり、高齢者の占める割合は、全体の28%、女性では30%を超えたそうです。高齢者の定義は65歳以上とのことですが、若々しく生きるというのは、成人期以降のすべてのヒトの願いだとおもいます。私自身は、20代は不眠不休で勤務しても平気で、たまの休みともなれば前日は朝まで飲み歩くなどもザラでしたが、35歳くらいを境に、年齢を意識することが多くなりました。現在では当直明けでその翌日に外来するのも相当こたえるようになりました。ですのであくまで私見ですが、歳を自覚するというのは35歳くらいからなのではないかなあと思っています。

歳を自覚するというのは、運動的に体力が低下したとか、寝ても疲れが取れない、お酒を飲める量が減ってきた、などなど人ぞれぞれですが、では何をすれば若返るのかというのが問題ですが、サプリメントに絞って一部を以下にご紹介します。

①コエンザイムQ10    心不全に効果あり

②アスタキサンチン     抗酸化力最強化

③NMN、レシベラトリオール    長寿遺伝子に働きかける

➃クルクミン     認知症、肝機能へのポリフェノール

➄エクエル      女性更年期などに        などなど

 

いまさらサプリメントの定義ですが、栄養補助食品つまり食品ですので、口から投与し腸管から吸収されるようなものをいいます。最近腸内細菌叢が注目されていますが、これらのサプリメントも食品ですので腸内の細菌の影響を必ずうけています。ですので成分そのままの働きだけではなく、腸内細菌にも何らかの影響をうけたり与えたりしながら効果を発揮している可能性が高いので、その人の腸内細菌叢によりサプリメントが効きやすい人がいたり、効きにくい人もいることが推察されます。効果の高いサプリを選んで長く続けることも大事ですが、それと並行して腸内細菌も改善を促していくことが必要と思われますので、シンプルにサプリメントをいろいろ変えてあまり効かないなあと思われている方は、腸内細菌製剤などを追加してみることもお勧めします。

TOP