りんくうメディカルクリニック RINKU MEDICAL CLINIC

TOP > コラム > グルタチオン点滴

グルタチオン点滴

グルタチオンは、3つのアミノ酸(グルタミン酸、システイン、グリシン)から成る小さな蛋白分子です。

体内のすべての細胞において合成されていて、様々な環境因子や加齢により減少するといわれています。

その主な作用としては抗酸化作用、免疫活性作用、ミトコンドリアの作用の補助、DNAの合成や修復作用、解毒作用などがいわれているため、美白効果や成人病予防効果、がん予防やパーキンソンなどの神経疾患への効果や二日酔い治療などなど多くの効能が期待できます。

とりわけ最近では、COVID19の後遺症に効果があるとか、ワクチン副作用に効果が期待できるといったSNS情報が飛び交ったため、必要なグルタチオン点滴製剤などが、入手困難になることがありました。(コロナへの効果の真偽は不明です)。

我々のクリニックでは、おもにパーキンソン症状の治療に用いておりますが、パーキンソン病の方の脳内ではグルタチオンが不足しているといわれており、活性酸素などの除去がうまくできないことが、疾患の発生に関与しているといわれております。

もちろんこの補充だけで完治するということはありませんが、他の薬剤などとあわせて治療効果が出ている方もおられます。また美容の点滴としても用いておりますが、今回あらためて調べてみると様々な疾患の治療に効果が期待できそうです。

現在通常のグルタチオン製剤が入手困難なため、海外製のグルタチオン含有点滴(コエンザイムQ10、プラセンタ、αリポ酸、ビタミンB,C,E、上皮細胞成長因子、コラーゲンなど配合)の点滴で補っておりますが、実際こちらの製剤のほうが患者さんの体感は良いようです。アンチエイジング目的で、NMNなどと併用も検討いただければと思います。

TOP